八社活動伝言板



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


10件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[10] 回覧ノートに書きましょう

投稿者: 松尾 投稿日:2017年 9月26日(火)14時36分35秒 softbank060138201212.bbtec.net  通報   返信・引用

 八社活動ではすでに回覧ノートに当番が記入し、その内容を写真に撮ってLINEで全員に送っています。その方が効率的なので、今後はこの掲示板には何も記入しなくて構いません。ただ、すでに書いてくれた上原さんら3人の情報は貴重なので、各自が有効に活用してください。(松尾)




[9] 本山さんへ

投稿者: 松尾 投稿日:2017年 9月24日(日)15時57分48秒 softbank060138201212.bbtec.net  通報   返信・引用

 中西さんから聞き取った内容は書かれていますが、それに対して本山さんが抱いた疑問点が全く書かれていません。その必要性についてはメールその他ですでに説明したとおりです。入隊式早々に30分近くも粘り強くインタビューしたのに、それだけで終わってはあまりにもったいないですよ。例えば、以下のような点に疑問を感じませんか。
 ・中西さんの場合、実家が北野天満宮の近くにあったことが、時代祭に関わるきっかけになっている。京都は市内の至るところに神社仏閣があるのだから、他の都市に比べて伝統行事に対する住民の心理的な距離が近いのではないか。
 ・「役員に若い層があまりいない」「それらを確立できていない体制に歯がゆい気持ち」→では、若い層を増やすためにどんな対策をとっているのか。
 ・「受講生以外の人(立命館の)に時代祭のよさなどが本当に伝わっているのかと少し疑問」→立命側が活動内容を八社住民にもっと説明する必要があるかも。

 「疑問を思いつく力」は一朝一夕には身に付きません。相手が発した一言一句を反すうし、想像力を働かせるうちに感覚が磨かれていきます。これは個々人の感性によるものなので、宮下先生や私が教えたくても教えようがありません。そして、自らやろうとしなければ、いつまでたってもできるようにはなりません。

 さあ、1カ月の間に自らをどこまで鍛えることができるでしょうか。格好よくやろうとか、要領よく片付けようなどと思わず、「地域」という漠然とした相手に体当たりしてください。恥と汗をかいた分だけ確実に成長します。(松尾)
 



[8] 9/20

投稿者: 本山茉也加 投稿日:2017年 9月24日(日)00時37分46秒 121-80-155-136f1.kyt1.eonet.ne.jp  通報   返信・引用

中西さん(推定60歳以上?)
・北野天満宮の横にある旅所がたまたま家で、時代祭の役員を探していたため頼まれたことが時代祭にかかわるキッカケ
・時代祭に対しては立派な伝統の必要性を感じている
・役員の年齢が高く、行列を歩いていて倒れられた方の救護をしたことがある
・役員に若い層があまりいない
・それらを確立できていない体制に歯がゆい気持ちでいる
・立命班に対して、とても貢献してもらい助かっていてありがたいと思っている
・しかし一年しかない授業の中で学んだことが一年だけで終わっているような気もする
・受講生以外の人(立命館の)に時代祭のよさなどが本当に伝わっているのかと少し疑問に思っている



[7] 中村さんへ

投稿者: 松尾 投稿日:2017年 9月23日(土)11時46分58秒 softbank060138201212.bbtec.net  通報   返信・引用

 なかなか密度が濃い報告内容で感心しました。佐竹さんは平安講社第八社の常務理事で、いわばこの地域の生き証人です。孫のような年代の中村さんが熱心に尋ねてきたので、きっと嬉しくなってたくさん話してくれたのでしょう。報告内容の中には私も知らなかった事柄がいくつもあり、これぞお宝情報です。

 ただ、佐竹さんから聞き取った内容は佐竹さん自身の「発言」にすぎず、これだけでは文字通り「宝の持ち腐れ」です。「発言」を「宝」に変換するには、聞き取り調査をした中村さんがこの中から疑問や課題を見出さなくてはなりません。この過程で聞き取る側の問題意識が試されるのです。中村さんは感想を3点ほど書いてくれましたが、ここからさらに踏み込んで「感想」を「疑問」に変えましょう。やり方は簡単、「なぜ」「どうやって」と思えばいいのです。

 例えば、中村さんは感想の中で「時代祭に誇りを持っているように感じた」と書いていますね。では、佐竹さんは「なぜ」誇りをもっているのでしょうか。次の「習い事や部活で放課後時間があまりなかった」についていえば、では隊列練習に参加している中学生や高校生は習い事や部活動をどうしているのでしょう。さらに、乗馬料は誰が、何のために徴収するのでしょうか。7万円とか16万円という大金を支払ってまで、なぜ馬に乗ろうとするのでしょうか。このように考えると、中村さんの報告内容からは「?」マークが10ぐらい思い浮かびそうです。

 ほかにも以下の点にヒントが隠れているように思います。
・「昔はほとんど隊士を役員で集めていたが、最近は去年参加した人が友達を連れてきたり、学校にお願いす  ることが多い」→これは、20日の上原さんの報告内容とも合致する。協力をお願いしている学校とは、   いったいどこなのか。その学校は八社とどんな関係にあるのか。
・「寄付が集まらない」→かつてはいくらぐらい集まり、それに対して今はいくらなのか。それによって、
  祭の運営にどんな支障が出ているのか。寄付の不足を補うために、どんな対策を取っているのか。
・「馬に乗る人は役員の人が頼む」→逆に言えば、役員から頼まれない限り馬には乗れないのか。

 あまりたくさん書くと皆さんのトレーニングにならないので、このぐらいにしておきます。これらの疑問点はそっくりそのまま、中村さんに残された課題です。次の当番の時には、ぜひこれらの事柄を再質問して解消してください。尋ねる相手は佐竹さんでなくても構いません。質問の性質上、若手よりは年配の人(特に役員レベルの人)がよさそうですね。

 他のメンバーも遠慮してはいけません。この書き込みを見て、同じ質問、あるいは少し目先を変えた質問をどしどしぶつけてみましょう。尋ねる相手によってさまざまな答えが返ってくると思います。また、中村さんは佐竹さん1人にじっくりと話を聞いたようですが、複数の相手に尋ねた方が多様な意見に触れることができます。下手でも結構、ダメでもともと、当たって砕けろの精神でいきましょう。1人でも多くの相手と対話すれば、それだけチームとしての情報量が増え、個々のメンバーも成長します。(松尾)

【追記】
 20日の入隊式参加者のうち、上原さん以外の4人は何をしているのですか。案ずるより産むがやすし、とにかく早く記入するように。



[6] 9/21

投稿者: 中村美聖 投稿日:2017年 9月22日(金)21時56分19秒 pw126245078053.16.panda-world.ne.jp  通報   返信・引用

佐竹さん
維新勤皇隊の責任者
・35年間
・時代祭に関わったきっかけは40代のとき当時の役員から勧められて役員となった(佐竹自身は隊士の経験がない)
・隊士は一学区10人程度が望ましい
・最近は塾やクラブで忙しい学生が多い
・昔はほとんど隊士を役員で集めていたが、最近は去年参加した人が友達を連れてきたり、学校にお願いすることが多い
・寄付が集まらない(若い人の理解が得られにくい)
・笛と鉄砲は4回交代する
・観客は外人が多い
・馬はサラブレッド7頭
・将校さんなど位の高い人は乗馬料16万円払って馬に乗って乗る
殿士(位の低い人)でも7万円払う
馬に乗る練習は事前にある
・馬に乗る人は役員の人が頼む
・勤皇隊の見どころとして、全時代列の中でこの列だけが演奏の音があるので音に注目してほしいとのこと

感想
時代祭に誇りを持っているように感じた
確かにわたしが中学生だったときも習い事や部活で放課後時間があまりなかったなと思った
馬に乗るのにお金がいるとは知らなかった



[5] 疑問点も併記するように

投稿者: 松尾 投稿日:2017年 9月21日(木)18時44分26秒 softbank060138201212.bbtec.net  通報   返信・引用

上原さんへ

 さっそく報告してくれてありがとうございました。ただ、せっかく時間を費やしてインタビューしたのだから、相手から聞き取った内容だけでなく、それについて自分がどう思ったかをぜひ書いてください(詳しくは記入例を参照)。八社活動では皆さんに地域住民と対話するよう求めていますが、言葉を交わしただけでは目的を達したことにはなりません。なぜなら、皆さんの最終目標は地域に埋もれている課題を発掘し、その解決策を考えることだからです。

 上原さんは3人の話の中に、どんな課題や疑問を感じましたか。また、他のメンバーも何か思うことはありませんか。一言一句をかみしめるように読んで考えてみましょう。そして、3人の活動やその背景を想像してみましょう。見過ごしていた事柄がいろいろありませんか。私はこの3人の話から、以下のような疑問を感じました。
 ・田島さんがほかの2人を誘ったようだが、田島さんは何をきっかけに八社活動に関わり始めたのか。
 ・藤森さんは時代祭のどんなところに魅力ややりがいを感じているのか。なぜ今後も関わろうと思っているのか。
 ・田島さんは大人と話す機会があることを喜んでいるが、大人とはだれなのか。隊列練習の指導員か、八社の役員か、その他の地域住民か。また、どんな話をしているのか。
 ・3人は洛陽高校の在学中から隊列練習に参加している。今年の在学生にも八社活動に参加している人がいるのではないか。

 隊列練習の参加者や住民から話を聞き取ったら「ハイ、おしまい」ではないのです。むしろ、そこから先が大切です。相手の話の中から新たな疑問や問題点を見つけ出す→次の機会にそれを確かめる→また相手の話の中から疑問や問題点を探す→再度確認する……という作業を惜しんではいけません。こうした反復活動を1か月続ければ、皆さんのノートの記述量は日ごとに増え、その先に地域の生の姿が見えてきます。

 今年は受講生数の関係で、期間中の当番が1人につき6-7回あると聞きました。なかなかハードなスケジュールですが、八社という地域にどっぷりと浸れるチャンスです。昨年のプロジェクトでは、受講生11人が計50人ほどから話を聞き取りました(八社以外の祭関係者も一部含む)。しかし、このぐらいでは十分とはいえず、活動報告会の内容も深まりを欠く結果になりました。最終的に聞き取った人数がどのくらいになるかはともかく、八社活動の当番は1回につき3人から話を聞くよう心がけてください。

 この掲示板が皆さんの活気ある報告で埋め尽くされることを大いに期待しています。(松尾)

 



[4] 入隊式

投稿者: 上原 投稿日:2017年 9月21日(木)17時14分28秒 KD182250246004.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

藤森さん (男性)19歳
楽器演奏は今年が初めて。
高校の時にボーリング部で友人だった田島君に誘われ、時代祭に関わるようになる。
これからも時代祭に関わっていくつもりらしい。

竹内さん(男性)専門学校2年生
拍手してもらうことが嬉しくて達成感を感じている。歴史が好きで始める。

田島さん(男性)大学2年生
藤森さん・竹内さんと同じ洛陽高校。歴史が好きなのと時代祭で大人の人と話す機会がある事が良いと感じている。



[3] この掲示板の記入例

投稿者: 松尾 投稿日:2017年 9月 9日(土)15時14分26秒 softbank060138201212.bbtec.net  通報   返信・引用

 記入スタイルは特に問いませんが、(1)参加した日付(2)記入者の名前(3)地域住民との対話の具体的なやり取り--が必須の3点セットです。例えば、こんな要領です。

        ◇          ◇          ◇          ◇

9月20日(松尾)
 ・隊列行進の練習の参加者は40人ぐらい。ほかに八社の役員さんや参加者の保護者らしい人も十数人いた。
 ・八社役員のAさん(55歳)の話
  「毎年この時期になると、こうして隊列練習をするのが地域の習慣になっている。煩わしい一面はあるが、古い世代から若い世代に伝統や文化を受け継いでいくことが大切。幸いなことに、八社は高校生あたりから若手の社会人の人たちがよく動いてくれている」
 ・練習に参加している高校生の母親のBさん(45歳)の話
  「ウチの息子は今年で3回目の参加。初めは気が乗らなかったようだが、続けているうちに地域に貢献することにやりがいを感じ始めたようだ。100年以上も続く伝統行事を通じて息子が成長してくれれば、親としてもうれしい」
 ・練習の指導員のCさん(45歳)の話
  「仕事が終わってから連日指導をするので、実を言うと少々しんどい。しかし、この地域で生きている以上、誰かがやらなければいけないこと。地元の人たちに頼りにされて指導するので、ささやかながら誇らしい気持ちもある。ただ、こうした気持ちをさらに若い世代が受け継いでくれないと、祭はいずれ先細りになると思う」

 これらのインタビューを通じて感じたのは、以下のことがらです。
・時代祭に対しポジティブな思いを持ってかかわっている人が多い。でも、自分の時間を犠牲にして、手間賃が出るわけでもないのに、なぜこんなに情熱を持てるのだろう。
・Cさんのように若い世代への伝承を心配する声もある。
・練習会場のご近所からは騒音の苦情が出るので、事前にお断りのビラを配ったらしいが、それは時代祭を快く思っていない人たちがいるという表れではないか。だとしたら、この会場にいる人たちはそれをどう思っているのだろう。

       ◇          ◇          ◇           ◇

 こんな調子で、インタビューの内容とそれに対する自分の感想や疑問を思いつくままに書いてください。決して上手に書くことはありません。ふだん友人とメールやLINEでメッセージを交換するように、気軽に書いてくれれば結構です。
 こうした書き込みが増えれば増えるほど、チームとして共有する情報の量が増えます。また、過去の書き込みをヒントにして、次のインタビューでの質問を考えたり、新たな発見をすることができます。私も随時読んで、皆さんのヒントになりそうなことをどしどし書き足します。さあ、10月22日までの1カ月でどれだけ情報を増やせるか、八社というフィールドで自分を存分に鍛えてください。(松尾)

http://6912.teacup.com/jidai8sha/bbs?



[2] 受講生の皆さんへ

投稿者: 松尾 投稿日:2017年 9月 9日(土)10時04分55秒 softbank060138201212.bbtec.net  通報   返信・引用

 この掲示板は、平安講社第八社(通称八社)での支援活動で気づいたことや疑問点を書き込むものです。各メンバーが現場でつかんだ情報をここに集めて共有し、それをヒントにまた現場で学ぶ--という好循環を作り上げましょう。20日以降の当番参加者は必ず48時間以内にここに書き込んでください。



[1] 掲示板が完成しましたキラキラ

投稿者: teacup.運営 投稿日:2017年 9月 9日(土)09時31分7秒 softbank060138201212.bbtec.net  通報   返信・引用

ご利用ありがとうございます。

teacup.掲示板は
ダイヤスレッド作り放題右上
ダイヤ画像・動画・音楽の投稿OK
ダイヤケータイ絵文字が使えるv▽v
ダイヤRSS対応ヒラメイタ!
ダイヤかわいいケータイテンプレハートx2

足跡足あと帳はコチラ
スレッド内容は管理画面内「スレッドの管理」から編集できます。


レンタル掲示板
10件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.